医療事務講座を受ければ将来の道が開ける!

保育の仕事を目指す

子供と女性

保育所で働くための資格

保育士とは保育園や保育所、児童福祉施設などで児童の保育に従事する人です。保育士になるには2つの方法があります。一つは厚生労働大臣が指定する大学や短大、専門学校の保育士養成課程で所定の課程を修了する方法です。もう一つは保育士国家試験を受けて合格し、保育士の資格を取得する方法です。高校を卒業した後、すぐに保育士として働くためには一般の大学(4年制)や短大の保育学科(2年制)、大学の保育系学科(4年制)、保育専門学校(2年制)を卒業するのが近道といえるでしょう。学校では保育原理や乳児保育、社会福祉、児童の心理学、保育相談支援などを学びます。また実際に保育の現場で業務を学べる保育実習もあります。その他保育園でインターンシップを行い、保育士としての実戦経験をたくさん積むことが出来る学校もあります。学校に通う時間がない方、社会人で仕事をしながら保育士を目指す方は保育士試験を受けるのがおすすめです。ただし、この試験は難易度が高く合格率が約10%であるため、十分な受験対策が必要です。独学で、参考書などを使って学習することもできますが、通信教育がおすすめです。通信教育は専門学校などの学校と科目と同じ科目を学習し、保育実習もあります。通信講座は保育士試験に合格する力が効率よく身につく教材をつかっている講座やセミナーやスクーリングがある講座などがあります。通信講座を受けるときには口コミや比較ランキングなどを参考にして自分に最適な講座を受講すると良いでしょう。