医療事務講座を受ければ将来の道が開ける!

衛生管理者とは

ウーマン

仕事内容と試験

衛生管理者は国家資格に該当し、多くの人が受験するほど人気のあるビジネス資格の1つです。現在は未だ不足している企業も少なからず存在するため、将来性のあるビジネス資格といえるのです。衛生管理者とは、常時50人以上の労働者がいる企業において、1人以上選任する必要があると法律で定められているのです。仕事内容として、労働環境の衛生的改善・労働者の健康状態の確認・巡回や職場の評価などがあげられるのです。健康診断の実施の際の日程調整や、企業のメンタルヘルス対策を施策・実行するのも衛生管理者の仕事です。企業や労働者の職場環境を改善したい意欲が強く、悩み相談に乗ることが苦でない人には向いている資格といえるでしょう。衛生管理者は第1種と第2種に分かれていて、取得するには試験に合格する必要があるのです。受験資格は、学校を卒業して1年から3年程の実務経験を有していることが求められるのです。また、学歴に関係なく10年以上の実務経験を有していれば試験を受けることが可能です。試験はマークシート方式が採られ、関係法令をはじめ3科目から出題されるのです。このビジネス資格を取得するには、テキスト・過去問題集を繰り返し勉強することに尽きるでしょう。独学でも十分対処可能で、自宅で学習が難しい場合は、講座が設けられているビジネススクールに通う方法もあるのです。模擬試験も実施されているので、理解できていない所を知る上で受験してみるのも良いです。